母は、直ぐ空き家で

高齢者の場合は、援助があり、ワクチンも、ある程度の額で済み、比較的早く終わった。 帰り、私だけ、ひとっとび、銀行まで行って、おろしてくる。 ゆっくり、つえをついて歩いていた母に追いつき、帰宅。病院が近くで良かった。 母は、直ぐ空き家で、パジャマに着替え、昼も食べずに、寝てしまった。 午後は、畑の草取りを、庭木の色が解らなくなる時刻までした。 まだまだ、あった、プチトマトの枯れ茎を引きずり、ベランダまで運ぶ。 最後に、もう少しと思って、思いっきりつかんだ、枯れ草が、木の芽の下にある 棘だった。痛~と叫んで、軍手を脱いだら、血が。 暗くなってからでは、何をつかんでいるかもわからないから、この辺でやめとこれを潮時とし、 中に入る。 ゴボウを味噌漬けにし、いつもの食事の支度となった。 母のワクチン接種が終わり、一つ仕事が済んだ。 特に何をするでもなく、ただただ、日が短くなるのを日々感じているだけのこの頃だ。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ